車を修理する時の相場をまとめた部屋

車を所有している場合、定期的にかかるお金があります。それは自動車税だったり、車検費用だったり、あるいはガソリン代かもしれません。ですが、それらは、どの時期に出費があるかはほぼ明確です。ところが、故障した場合の修理費用や消耗品が消耗した時の修理費用については突然やってきます。費用にも種類がいろいろありますが、例えば電柱にミラーをぶつけてしまった場合や助手席をへこませてしまった場合、そしてバックの時に失敗をして後ろのバンパーをへこませてしまった場合に修理をしなければなりません。費用にも防げるものと防げないものがありますが、いずれにしても大きな出費となるでしょう。では、リペア費用はどれくらいかかるのでしょうかその相場について説明をしていきます。

ぶつけたときにかかる費用について

マイカーを運悪くぶつけてしまった場合、リペアをすることになりますが、どの部分をどの程度ぶつけたかによってかかる費用がことなってきます。たとえば、バンパーを少しへこましたり、キズが付いた場合には、交換するほどでもありませんが、それでも板金で10万円近くすることが多いです。大きくへこませた場合には、交換することになりますが、10万円から15万円ぐらいすると考えておきましょう。では、フレームがゆがむほどのアクシデントがあった場合はどうでしょうかこの場合には、50万円ぐらいのリペアになります。そうすると、保険に入っていれば保険でリペアをした方がいいレベルになります。また、もともとのマイカーの金額にもよりますが、それほど高くないマイカーであれば、新しいものを買った方がいいかもしれません。

消耗品交換する場合の相場について

マイカーはアクシデントが起きなくても、交換費用がかかることがあります。ボディーパーツについてはめったなことでは交換することがありませんが、バッテリーやタイヤ・ブレーキパッドなどについては効果をしなければなりません。おおよその目安はそれぞれ4万キロから6万キロほど走行した時になります。もちろん走行の仕方にもよって交換時期が変わってきますが、タイヤの場合はあまり使い続けると固くなってしまうので、それほど走行してなくても5年から7年に一度は交換した方がいでしょう。費用については、バッテリーは2万円ぐらい、タイヤについては1本1万円ぐらい、ブレーキパッドは全部で2万円ぐらいになります。もちろんタイヤなどはハイレベルなものを使うならば1本4万円以上することもありますが、基本的に街乗りであれば1万円ぐらいのもので十分でしょう。